お探しの情報は何ですか?

サイト内検索

お探しの情報は何ですか?

よく検索されるワード

暮らし・手続き

ライター・乾電池の処分について

ごみ収集車の車両火災が発生しました。出火の原因として考えられるのは、大量のライターを燃えるごみとして排出されたこと、乾電池を燃えるゴミとして排出されたことです。ライターおよび乾電池の処分方法はつぎのとおりです。

 

【ライター】

○ガスを使いきったライター(燃えるごみとして出してください)

   *一度に出せるのは5本まで

   *大量に処分したい場合は、環境センターに直接持ち込み、職員に手渡しする。

 

○ガスが残っているライター(危険物として出してください)

   *一度に出せるのは2本まで

   *ビンの日に透明の袋に入れ「危険」と明記して出す。

 

☆ライターの処分方法については、こちらもご参照ください。

101207leafret-ライターの捨て方【消費者庁】 [PDF形式/543.51KB]

 

【乾電池】

  ○有害ごみとして出してください。

   *ビンの日に透明の袋に入れ「有害ごみ」と明記して出す。

 

 

ごみの分別・収集のルールを確認し、ルールに沿って正しくごみを出していただくことが、ごみの円滑・安全な収集・処理を行う上で大切な行動になります。皆様のご協力をお願いいたします。

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境課です。

市役所本庁4階 〒311-0192 茨城県那珂市福田1819-5

電話番号:029-298-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?