お探しの情報は何ですか?

サイト内検索

お探しの情報は何ですか?

よく検索されるワード
  1. ホーム
  2. 健康・医療・福祉
  3. 健康・医療
  4. 予防接種
  5. ロタウイルスワクチンが定期予防接種になります

ロタウイルスワクチンが定期予防接種になります

令和2年10月1日より、ロタウイルスワクチンが定期予防接種になります。

【対象者】 令和2年8月1日以降に生まれたお子さん

【定期接種開始日(無料)】 令和2年10月1日から

 《注意事項》
 ・令和2年9月30日までに接種した場合は、任意接種(自己負担あり)となります。
 ・令和2年7月31日までに生まれたお子さんは、令和2年10月1日以降に接種しても任意接種(自己負担あり)です。

【接種医療機関】

 茨城県内の協力医療機関で接種できます。

【ロタウイルス感染症について】

 ロタウイルス感染症は、感染力が強く、衛生状態に関係なく発症します。また、年齢にかかわらず何度でも感染しますが、症状は初感染時が最も重症で、その後感染を繰り返すにつれて軽症化し、不顕性感染も多く見られます。顕性発症は5歳未満の乳幼児に多くみられます。ロタウイルスによる胃腸炎は、急激な嘔吐と水溶性の下痢便を頻回に排泄し、発熱が3割から5割程度みられます。嘔吐・下痢に伴う脱水やけいれん、腎不全、脳症などの合併症のため入院治療になるケースがあります。

【ロタウイルスワクチンについて】

 ロタウイルスワクチンは2種類あり、どちらも生ワクチン(弱毒化したワクチン)で飲むワクチンです。効果や安全性に差はありませんが、接種回数が異なります。原則1回目に経口接種した同じワクチンを規程回数接種します。初回接種は生後14週6日までに接種しましょう。安全性の観点から、生後15週0日以降の初回接種はお勧めしません。

 他の予防接種と接種が重なる時期ですので、医療機関と相談して、他の予防接種と合わせて同時に接種することもご検討ください。

 なお、このワクチンは、ロタウイルス以外の原因による胃腸炎は予防できません。

ワクチン名 接種期間 接種回数 接種間隔
ロタリックス(1価)

生後6週0日から生後24週0日まで

2回

27日以上あける
ロタテック(5価)

生後6週0日から生後32週0日まで

3回

 

【接種後は腸重積にご注意】

 ロタワクチンの副反応として、腸重積症があります。腸重積症は、腸の一部が隣接する腸管の一部に入り込み、腸が閉塞した状態になる緊急性の高い病気で、速やかな治療が必要となります。

 腸重積症は、ロタウイルスの接種にかかわらず、生後3から4か月くらいからから月齢が上がるにつれて多くなります。

 ロタウイルスワクチン接種(特に初回接種)後、1週間から2週間程度の間は、腸重積症の発症リスクが高まるとの報告があります。以下の症状が1つでも見られた場合や、いつもと様子が違うと感じた場合は、速やかに接種した医療機関を受診しましょう。

 ◎泣いたり不機嫌になったりを繰り返す

 ◎嘔吐を繰り返す

 ◎ぐったりして顔色が悪くなる

 ◎血便がでる

 接種した医療機関とは別の医療機関を受診する場合は、ロタウイルスワクチンを接種したことを医師に伝えてください。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康推進課 母子保健Gです。

〒311-0105 茨城県那珂市菅谷3198番地

電話番号:029-270-8071 ファックス番号:029-298-8890

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る