お探しの情報は何ですか?

サイト内検索

お探しの情報は何ですか?

よく検索されるワード
  1. ホーム
  2. 暮らし・手続き
  3. 暮らし
  4. 環境
  5. 令和2年度 那珂市グリーンカーテンの取り組みについて

令和2年度 那珂市グリーンカーテンの取り組みについて

 

 那珂市では、身近な温暖化対策の一つとして、緑のカーテンを市内全体に普及していく取り組みを行っています。

グリーンカーテンとは

「アサガオ」「ヘチマ」「ゴーヤ」を代表とするツル性の植物を植えることでできる、自然のカーテンのこと。茂った葉が窓から入る直射日光を遮り、室内温度の上昇を抑えるとともに、空気を冷やしたり、風を涼しくしたりする特性があります。

また、キュウリなどのウリ科の植物を利用することによって収穫まで楽しむことができます。

那珂市役所・消防署・学童保育所・保育所・子育て支援センター(つぼみ)などの公共施設をはじめ、皆様からお寄せいただいた素敵なグリーンカーテンの作品をご紹介いたします。

 

  

感想・エピソード

○ゴーヤのカーテン6年目…我が家にとっては夏のなくてはならない風物詩になっています。4月下旬の定植後、気温が上がらず防寒し、梅雨に入っても日照不足で成長が進まず、うどん粉病の発生などがあり手がかかりましたが、6月に入るとぐんぐん成長、7月後半には軒まで伸び上がり完成しました。多くの家庭で緑のカーテンの仲間が増えることを祈りながら、また来年の準備をします。

○ゴーヤのカーテン作りは18回を数えました。今年は特別な思いがあります。昨年の台風19号で我家も床上浸水になり、花壇も泥水で埋もれましたが、今年、その土から9本のゴーヤの芽がでてきました。愛しさでいっぱいです。実の収穫もでき、「根性ゴーヤ」に毎日癒され、励まされております。感謝です。

○小学校に入学した孫が「アサガオ」を育てていることから、今年は私も「アサガオ」に挑戦し、共通の話題ができました。

○梅雨明けが遅かったので生育を心配しましたが、順調に成長し、猛暑のなか涼感を楽しんでいます。

○緑のカーテン作りはゴーヤ栽培で10年位続けて暑さをしのいできました。家の三方向(東・西・南)を緑で囲って気持ちよい風を取り込んでいます。訪れる人々が「すごく涼しい家ですね!」と驚くほどです。今年、エアコンのお世話になった日は5日位です。果実は黒砂糖でじっくり煮込んで、ゴーヤの佃煮にして夏バテ食にしています。

○ゴーヤ入りスムージーを毎日作っている祖母のため、和室の日除けを兼ねてやってみました。梅雨明けからゴーヤがなり始め毎日収穫しています。

○ゴーヤ・トマト・きゅうり・アサガオのグリーンカーテンです。早朝、アサガオの花を見ると、すがすがしい気持ちになります。風のある日は、エアコンを使っても窓を大きく開け、グリーンカーテンを抜ける涼しい風を楽しんでいます。

○毎年日差しを避けるため、ゴーヤでグリーンカーテンを設置していますが、今年は長雨で成長が遅かったようです。

○今年も緑のカーテンを作りました。緑のカーテン脇には愛犬(10歳)が気持ち良く寝ています。収穫したゴーヤ(白・緑)は美味しく食しております。

○今年も窓辺は「ゴーヤの蔓」が縦横に広がり、実もつけ始めており、黄色の小花は心が安らぎます。我が家のエコライフの「小さな一歩」です。みんなが「小さな一歩」を積み重ねれば、世界を変え、地球を守る大きな力になると確信します。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境課 環境Gです。

〒311-0192 茨城県那珂市福田1819-5

電話番号:029-298-1111(内線447・448・449)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る