教育委員会

全国学校給食週間

全国学校給食週間とは・・・

 日本で学校給食が始まったのは、明治22年に山形県鶴岡町(現鶴岡市)です。お弁当を持ってこられない子供たちに「おにぎり 焼き魚 漬物」などを出したのが給食の始まりとされています。その後、全国的に給食が広まりましたが、戦争で一時中断されました。戦争が終わって、昭和22年12月24日に外国から物資の提供を受け、一部の県などで給食が再開されました。この日が冬休みと重なるため、その1か月後の1月24日から30日までを「学校給食週間」と定め、全国的にさまざまな取り組みが行われています。

 

那珂市では・・・

 那珂市では、12月から1月にかけて、地元産の小松菜、にんじん、大根、ごぼう、長ねぎなどを使用した地元産品使用献立や、昭和の懐かしい給食を再現した献立を企画しました。各学校では、児童生徒の皆さんが地元産農産物についての知識や、給食の歴史などを学びながら楽しく味わっていました。また、給食センターの職員が市内各小学校を訪問し、愛情を込めて調理した給食を一緒に食べる「訪問会食」を行い、会話を弾ませながら楽しく交流しました。

 

地元産品使用献立 昭和の給食献立

地元産献立

ご飯 牛乳 さんまのかば焼き 磯和え さつま汁

 

昭和の献立

コッペパン 牛乳 コーヒー牛乳のもと

カレーコロッケ キャベツのサラダ かきたま汁

 

会食風景

 

2019会食(1) 2019会食(2)
2019会食(3) 2019会食(4)
2019会食(5)  

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは学校給食センターです。

〒311-0132 茨城県那珂市南酒出433-1

電話番号:029-298-1102 ファックス番号:029-295-2119

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る