1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 福祉>
  4. 障がい者福祉>
  5. 障害福祉サービス利用について

くらし

障害福祉サービス利用について

  障害福祉サービスとは、身体や知的・精神に障がいのあるかたや難病等の特定の疾患のあるかたが地域社会のなかで自立した生活を続けていけるよう、支援するサービスです。サービスの種類及び内容についてはホームページに単独でのせてありますのでそちらを参照してください。

対象者

◆身体
・身体障害者手帳をお持ちのかた。

◆知的
・療育手帳をお持ちのかた。

◆精神
・精神障害者保健福祉手帳をお持ちのかた。
・精神障害を事由とする年金を現に受けているかた。
・医師の意見書で精神障害を持っていることが確認できるかた。

◆難病
・指定難病特定医療費受給者証をお持ちのかた。

◆児童(18歳未満)
・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちのかた。
・特別児童扶養手当の支給対象障害児に該当するかた。
・医師の意見書で障害が想定され、療育支援の必要性が確認できるかた  等。

利用の流れ

大まかな利用の流れは以下のとおりです。利用するサービスによっては手続きが追加・変更されることがあります。

(1)市または指定特定相談支援事業所※に相談します。

(2)市役所へ申請。後日、市社会福祉協議会もしくは市の職員による聞き取り調査を受けていただきます。

(3)市が調査の結果をもとに判定します。

(4)指定特定相談支援事業所と面談の上、利用者の希望を考慮に入れたサービス等利用計画案を作成し、市に提出します。

(5)計画案に基づき市が支給決定をし、受給者証を発行。利用者のもとに郵送します。

(6)利用者のサービスの利用開始。

※指定相談支援事業所とは市町村の指定を受け、障害福祉サービスの申請前・利用中の相談や計画案の作成を行う事業所です。一覧は添付書類を参照ください。

利用者負担額

サービスを利用する際に発生する費用を利用者は原則1割負担となりますが、世帯の所得に応じて上限額が決められます。所得を判断するときの世帯は以下のとおりです
・18歳以上の障がい者(施設入所の18~19歳を除く):障がい者本人とその配偶者
・障がい児(施設入所の18~19歳の含む):本人とその両親(保護者)

障害者の利用者負担額
◆生活保護・・・生活保護受給世帯の人  0円
◆低所得・・・市町村民税非課税世帯の人  0円
◆一般1・・・市町村民税課税世帯の人(所得割16万円未満)  9,300円
◆一般2・・・上記以外・施設(20歳以上)・グループホーム入所者等の人  37,200円

障害児の利用者負担
◆生活保護・・・生活保護受給者世帯の人 0円
◆低所得・・・市町村民税非課税世帯の人 0円
◆一般1・・・市町村民税課税世帯(所得割28万円未満) 4,600円
          ・・・市町村民税課税世帯(所得割28万円未満・入所施設利用者) 9,300円
◆一般2・・・上記以外 37,200円

申請書類等について

申請書類一式は添付書類を参照し、必要に応じてダウンロードしてください。窓口で申請書を提出される場合は、来庁者の身元が確認できるもの(運転免許証等)をお持ちください。

▼新規申請
・支給申請書兼利用者負担額減額・免除申請書(児童のサービス利用者は(児)、18歳以上のかたは(者))
・計画相談支援給付費支給申請書
・計画相談支援依頼(変更)届出書
・世帯・収入申告書
・調査同意書

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは社会福祉課 障がい者支援Gです。

〒311-0192 茨城県那珂市福田1819-5

電話番号:029-298-1111(内線126・127・128)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る