【8・9年生】英語

教科の見方・考え方

  • 関心のあることや、日常的な話題、社会的な話題に関して聞いたり、読んだりしたことについて、これまで学習した表現を使って自分の言葉で伝えよう。
  • 「目的」「場面」「状況」を考えながら、相手に伝えたり、相手の質問に答えたりして、対話を継続・発展させましょう。

英語の学習の 3つの ポイント

その1   英語を話す

失敗を恐れず、学習した英語やジェスチャーを用いて、自分の思いや考えなどを話しましょう。

その2   英語を書く

学習した基本文を参考にしながら、自分の考えなどを英語で書きましょう。

その3   英語を磨く

英語の先生や ALTの発音やリズムを集中して聴き、正しい発音やアクセントを練習しましょう。また、ALTの先生とたくさん話してみよう。

家庭学習の 3つの ポイント

その1   復習

授業で学習した単語や基本文をその日のうちに書いて覚え、ワークの問題に挑戦しましょう。また、音読もしましょう。

その2   予習

次の授業で学習する教科書の英文を自分の力で読み、分からない単語や基本文をチェックしておきましょう。さらに、どんな話(ストーリー)なのかを想像してみよう。

その3   プラス1

入試問題や難易度の高い問題にも、時間をかけてじっくり挑戦してみましょう。また、簡単な英語の新聞記事を読むことなどにも挑戦しよう。

さらに

実用英語技能検定に挑戦し、資格を取りましょう。

【目安】

  • 8年生:3~4級
  • 9年生:準2~3級

家庭学習ノート例

学習に役立つ!オススメサイト

関連ファイルダウンロード

  • 2023年3月16日