市政

平成28年度事務事業評価結果

事務事業評価の目的

那珂市が、まちづくりの目的を達成するために行う具体的な個々の活動(事務事業)について、前年度の活動内容を評価し、次年度以降の取組みに反映させるために行います。

評価の方法と視点

「事務事業評価シート」に沿って、次の4視点から評価します。

(1)目的妥当性
 その事務事業が、よりよいまちづくりのためになっているのか、市が税金を投入して行うべきことなのか、などを評価します。
(2)有効性
 その事務事業の成果をもっと上げることはできないか、成果を上げるためにどのような事をすれば良いか、などを評価します。
(3)効率性
 その事務事業にかかっているコスト(事業費や人件費)を、成果を下げずに削減することはできないか、などを評価します。
(4)公平性
 その事務事業の受益者(利益を受ける人)が一部の人に偏っていないか、偏っていたとしたらそれは公平・公正と言えるのか、また、受益者に負担(手数料や使用料など)を求めているのであれば、その額は適正か、などについて評価します。

評価の結果

平成27年度に市が実施した621事業のうち、予算額が50万円以上の事業について、実施や手順が法律で定められている事業を除いた230事業について評価を行いました。
2次評価までの結果は、次のとおりです。

  • 終了       14事務事業( 6.1%)
  • 統廃合      3事務事業( 1.3%)
  • 見直し  137事務事業(59.6%)
  • 現状維持   76事務事業(33.0%)

※個々のシートは、各部ごとに区分した添付のファイルからご覧いただけます。
※評価対象事務事業、担当、シートの見方は「事務事業評価対象事業とシートの見方」を参照ください。

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは行財政改革推進室 行革・監査Gです。

〒311-0192 茨城県那珂市福田1819-5

電話番号:029-298-1111(内線572・573)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?