くらし

平成27年度 市県民税の改正点

平成27年度からの改正点

市県民税における住宅借入金等特別控除の延長・拡充

 市県民税の住宅借入金等特別控除について、適用期限が4年間(平成26年1月1日から平成31年6月30日までの入居)延長され、さらに平成26年4月以後に居住を開始した場合は、控除限度額が136,500円に引き上げられる場合がありま(※1)

  居住年月日 控除限度額
改正前 現行
  ~平成25年12月31日
 所得税の課税総所得金額等×5%(最高 97,500円)
改正後 平成26年1月1日
    ~平成26年3月31日
 所得税の課税総所得金額等×5%(最高 97,500円)
平成26年4月1日
    ~平成31年6月30日
 所得税の課税総所得金額等×5%(最高 97,500円)
 ※2 所得税の課税総所得金額等×7%(最高136,500円)

※1 住民税の住宅借入金等特別控除は、所得税額から控除しきれない場合に、限度額以下の範囲で控除を受けられる場合があります。
※2 平成26年4月1日から平成31年6月30日までの控除限度額は、住宅の取得対価の額又は費用の額に含まれる消費税等の税率が、8%又は10%である場合に限られます。

上場株式等に係る譲渡所得及び配当所得に対する軽減税率の廃止

上場株式等を譲渡した場合の株式等に係る譲渡所得等の課税の特例に関する特例措置の廃止
 上場株式等を譲渡した場合の上場株式等の譲渡所得等に係る10%軽減税率(所得税7%(平成25年分は復興特別所得税を加算し7.147%)、住民税3%)の特例措置は、平成25年12月31日をもって廃止となりました。
 平成26年1月1日以後は、本則税率の20%(所得税15%(平成26年分~平成49年分までは復興特別所得税を加算し15.315%)、住民税5%)が適用されます。

○上場株式等の譲渡所得等に係る税率(申告分離課税を選択した場合の対応する年度の住民税の税率)

区分 平成16年度~平成26年度 平成27年度以後
 金融商品取引業者等を
 通じた譲渡等
 3%(市民税1.8%、県民税1.2%)  5%(市民税3%、県民税2%) 
 上記以外  5%(市民税3%、県民税2%)

上場株式等の配当等に係る軽減税率の特例措置の廃止

 上場株式等の配当等に係る10%軽減税率の特例措置は、上記と同様に廃止されました。

○上場株式等の配当等に係る税率(申告分離課税を選択した場合の対応する年度の住民税の税率)

 平成16年度~平成26年度  平成27年度以降
 3%(市民税1.8%、県民税1.2%)  5%(市民税3%、県民税2%)
非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置(いわゆるNISA)の創設

 20歳以上(口座開設の年の1月1日現在)の居住者等を対象として、平成26年から平成35年の間に、年間100万円を上限として非課税口座で取得した上場株式等の配当等やその上場株式等を売却したことにより生じた譲渡益が、非課税管理勘定が設けられた日の属する年の1月1日から最長5年間非課税となります。

詳細については>>NISAに関する情報(国税庁HP) をご参照ください。おしごとマロ

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課 市民税Gです。

〒311-0192 茨城県那珂市福田1819-5

電話番号:029-298-1111(内線165・166)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?