くらし

建築物の耐震化促進

大地震から生命と財産を守ろう(耐震化の促進)
~昭和56年以前の木造住宅は、地震に弱い可能性があります~

阪神・淡路大震災では、地震で亡くなった方の約9割が建築物の倒壊や家具の転倒による圧死でした。全壊あるいは半壊した住宅は20万棟以上にのぼり、特に、新耐震基準が導入された昭和56年以前に建てられた木造住宅に被害が集中しました。昭和56年以前に建てられた木造住宅は、新耐震基準が導入される以前に建築されたものであるため、地震に対して弱い住宅が多いと言われています。
大地震から、大切な生命と財産を守るため、住宅の耐震改修や改築を検討しましょう。

※耐震基準とは、一定の強さの地震が起きても倒壊または損壊しない建築物を建築するよう、建築基準法が定めている基準のことです。



誰でもできるわが家の耐震診断
 

地震時の安全のためには、我が家の耐震性能を知ることがはじめの第一歩です。「誰でもできるわが家の耐震診断」を利用し、ご自身で確認してみましょう
(一財)日本建築防災協会「誰でもできるわが家の耐震診断」

いかがでしたか?評点が7点以下の住宅は、耐震性能に問題がある可能性があります。しかし、専門家による適切な耐震改修工事を行えば、地震に強い家に生まれ変わります。耐震改修工事を行ったものとそうでないものとでは、実験の結果、耐震性能に違いが出ています。以下のホームページでは実験結果が掲載されています。
(独)防災科学技術研究所


耐震改修工事が必要と診断された方へ

耐震診断の結果、耐震改修工事が必要と診断された方は、耐震改修工事を是非ご検討ください。リフォームや増改築の機会にあわせて耐震改修を実施すれば、効率よく耐震化を進めることができます。耐震改修費用は、住まいの古さや規模、工法によって異なりますが、一般的には100万円から200万円程度かかることを一つの目安としてください。以下のホームページでは静岡県での実際の補強例が掲載されています。
静岡県「耐震リフォーム事例集」(PDFファイル)

注意
耐震改修やリフォームについては、一部の悪質な業者による強引な契約やトラブルが増えています。契約内容や工法に不安を感じたら、お近くの木造住宅耐震診断士(PDFファイル)、もしくは市の相談窓口までご相談ください。
木造住宅耐震診断士(PDFファイル)

なお、現地での相談を希望される方は(一社)茨城県建築士事務所協会(TEL:029-305-7771)リフォームアドバイザー派遣事業「いばらき安心リフォーム支援隊」を併せてご活用ください。
いばらき安心リフォーム支援隊

耐震改修工事を実施する方へ
那珂市では、住宅の耐震化の促進を図るため、費用の一部を補助し、耐震改修に係る個人の負担を軽減します。応募要項や募集期間等の詳細については、建築課担当窓口へお問い合わせください。

【那珂市木造住宅耐震化推進事業補助制度】
耐震診断、耐震改修計画策定及び改修工事補助金の交付
【要件】
対象建築物:昭和56年5月31日以前に着工された自己の居住の用に供する戸建木造住宅
※その他の要件については、お問い合わせください

耐震診断及び改修に関する情報提供
茨城県では、耐震診断及び改修に関する情報提供を行っておりますので、併せてご覧ください。
耐震診断及び改修に関する情報提供


「その他の」対策
経済的な理由等で大がかりな耐震改修が出来ない場合に、家屋が倒壊しても一定の空間を確保することで生命を守ることが出来る装置として「耐震シェルター」があります。
耐震シェルターは、地震で住宅が倒壊しても寝室や睡眠スペースを守ってくれる装置です。既存の住宅内に設置し、住みながらの工事や、耐震改修工事に比べて短期間での設置も可能です。おもな種類には一部屋型とベッド型があります。
耐震1

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは建築課 開発指導Gです。

〒311-0192 茨城県那珂市福田1819-5

電話番号:029-298-1111(内線342・343)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?