観光

冬の使者「白鳥」が訪れる「古徳沼」と「一の関ため池親水公園」

那珂市には白鳥の飛来地として有名な「古徳沼」と「一の関ため池親水公園」があります。



古徳沼

【古徳沼】

昭和41年に初飛来したオオハクチョウは、平成2年に最多の238羽に達しました。近年は「古徳沼」近くの「中里ため池」でも、最多で153羽の白鳥の姿を見ることができるようになりました。シーズンともなれば、写真愛好家や観光客が訪れます。

 

一の関ため池親水公園 【一の関ため池親水公園】

昭和59年に初飛来したオオハクチョウは、すっかり子どもたちの人気者です。平成12年には、最多の166羽が飛来しました。
一の関ため池親水公園は、近隣の「幼稚園・保育園」の園児や家族連れで、連日賑わいを見せています。
また、同公園には茅葺き屋根の「那珂市曲がり屋」が移築されておりますので、白鳥見学に訪れた際には、ぜひご覧ください。

 

 白鳥飛来地

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは商工観光課です。

市役所本庁2階 〒311-0192 茨城県那珂市福田1819-5

電話番号:029-298-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?