1. ホーム>
  2. くらし>
  3. くらしのお知らせ>
  4. 熱中症に気をつけましょう!

熱中症に気をつけましょう!

熱中症注意喚起

熱中症は、気温などの環境条件だけではなく、人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。
気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い・風が弱い日やからだが暑さに慣れていないときは、注意が必要です。
特に、高齢者や幼児については、気温だけにとらわれず、湿度(しつど)が高いときは、室内にいてもこまめに水分を補給することを心がけましょう。
また、節電を気にするあまりエアコンの使用を控えることにこだわらず、エアコンと扇風機を上手に組み合わせて利用し、熱中症を予防しましょう。
『高齢者-エアコン使用しない.png』の画像
熱中症とは
熱中症とは、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。室内で何もしていなくても発症することがあり、場合によっては死亡することもあります。 私たちの体の中では運動や体の営みによって、常に熱がつくられています。それと同時に、異常な体温上昇を抑えるための、効率的な調節機能も備わっています。しかし、暑い環境にさらされることで、体内の調節機能がうまく働かなくなると、体温の上昇・めまい・筋肉痛・頭痛等の症状がでてきます。このような状態が熱中症です。
(環境省リーフレット)
『熱中症~予防・対処法』の画像
 (音声読上げ用テキスト)熱中症 ご存知ですか 予防 対処法 こんな症状があったら熱中症を疑いましょう 軽度 めまい 立ちくらみ 筋肉痛 汗が止まらない 中度 頭痛 吐き気 からだがだるい 倦怠感 虚脱感 重度 意識がない けいれん 高い体温である 呼びかけに対し返事がおかしい まっすぐに歩けない 環境省(音声読み上げ用テキスト終了)
 
『熱中症は予防が大切』の画像
(音声読み上げ用テキスト)熱中症は予防が大切です 熱中症は気温などの環境条件だけではなく、人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。 気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い、風が弱い日や体が暑さに慣れていないときは注意が必要です。こんな日は熱中症に注意 気温が高い 風が弱い 湿度が高い 急に暑くなった こんな人は特に注意 肥満の人 持病がある人 体調が悪い人 高齢者 幼児 暑さに慣れていない人 熱中症の予防法 日傘 帽子 涼しい服装 水分をこまめにとる 日陰を利用 こまめに休憩 急に暑くくなった日や 活動の初日などは特に注意 人間の体は暑い環境での運動や作業を始めてから3~4日経たないと、体温調節が上手になってきません。 このため、急に暑くなった日や、久しぶりに暑い環境で活動した時には、体温調節が上手くいかず、熱中症で倒れる人が多くなっています。 汗をかいた時には塩分の補給も忘れずに 熱中症になったときは 熱中症を疑う症状---めまい、失神、筋肉痛、筋肉の硬直、大量の発汗、頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、意識障害、けいれん、手足の運動障害、高体温 症状の有無 意識の確認 意識はある 1 涼しい場所への避難 2 脱衣と冷却 水分を自力で摂取できるか 水分摂取できる 3 水分・塩分の補給 4 症状が改善しない場合 5 医療機関へ搬送 意識がない 呼びかけに対し返事がおかしい 救急隊を要請 1 涼しい場所への避難 2 脱衣と冷却 医療機関へ搬送 水分を自力で摂取できない 医療機関へ搬送 環境省(音声読み上げ用テキスト終了)
『高齢者・幼児は特に注意』の画像
(音声読み上げ用テキスト)高齢者の注意点 のどが渇かなくても水分補給 部屋の温度をこまめに測る 高齢者は温度に対する感覚が弱くなるために、室内でも熱中症になることがあります。 室内に温度計を置き、こまめに水分を補給することを心がけましょう。 環境省 熱中症予防情報サイト 熱中症環境保健マニュアル 熱中症患者速報 環境省 総合環境政策局 環境保健部 環境安全課 〒1008975 東京都千代田区霞が関 1-2-2 中央合同庁舎 5号館 電話 03-3581-3351(音声読み上げ用テキスト終了)

熱中症を防ぐためには

熱中症は放っておくと生命にかかわる病気ですが、適切な予防法を知っていれば防ぐことができます。熱中症予防(茨城県) 日常生活において、以下の点に気をつけましょう。
  • 暑さを避ける---衣服や室内環境を工夫しましょう
  • こまめに水分を補給する---のどが乾く前にこまめに水分補給をしましょう
  • 急に暑くなる日に注意する---暑いときは無理をしないようにしましょう
  • 暑さに備えた体づくりを心がける---暑くなる前から準備しましょう
  • 自分の体調を考慮する---体調を崩している人は特に注意しましょう
  • お互いに配慮する---周りに体調が悪い人がいないか気を配りましょう

熱中症を疑ったときには

暑い環境の下での体調不良はすべて熱中症の可能性があります。放置すれば、死に直結する事態であることを認識しなければなりません。熱中症を疑ったときには、現場で応急処置を行い、意識がおかしいなど重症の場合には、すぐに救急車を呼んで病院へ搬送しましょう。
 

現場での応急処置

涼しい場所への避難
  風通しのよい日陰や、できれば冷房の効いている室内などに避難させる。
体の冷却
  衣服をゆるめて風通しを良くする、氷のうなどで首の後ろ、脇の下、足の付け根などを冷やす。
水分・塩分の補給
  意識がはっきりしている場合は、冷たい水分を持たせて自分で飲んでもらう。
 
   意識がはっきりしている場合でも、必ず誰かが側について見守り、処置を行っても症状の改善が見られないときには、医療機関を受診しましょう。
 
(環境省リーフレット)
『熱中症~思い当たる』の画像
(音声読み上げ用テキスト)熱中症~思い当たることはありませんか? 熱中症の予防には、水分補給と暑さを避けることが大切です こまめに水分を取っていますか? のどの渇きを感じない 夜中にトイレに行くのが面倒だ 高齢者は、加齢により のどの渇きに対する感覚が鈍くなります。 このため、のどの渇きを感じなくてもこまめに水分補給をする必要があります。また、体に必要な水分の補給を我慢することは、特に危険です。エアコンを上手に使っていますか? エアコンは体が冷えるから嫌だ エアコン等が使えない エアコンや扇風機は、温度設定に気を付けたり、体に直接あたらないよう風向きを調整するなど 工夫をすると、体が冷えすぎず、快適に使うことができます。 これらが使えない場合は、シャワーや冷たいタオルでも、体を冷やす効果があります。熱中症患者のおよそ半数は高齢者(65歳以上)です 少年 11% 成人 42% 高齢者 46%新生児・乳幼児 1% 熱中症患者の年齢別割合 消防庁 熱中症による救急搬送者の状況 2010 年 暑さに強いから大丈夫 暑さをあまり感じない 汗をあまりかかない 高齢者は、暑さに対する感覚が鈍くなり、発汗など体から熱を逃がす機能も低下します。暑い日は無理をしない、室内でも温度計を置き、部屋の温度が上がりすぎていないか確認するなど注意しましょう 。部屋の中なら大丈夫 部屋の中では熱中症対策をしていない 夜は特に注意していない 熱中症は、室内や夜間でも多く発生しています。 すだれや力一 テンで直射日光を遮る、換気をして屋外の涼しい空気を入れる、必要に応じてエアコン等を使用するなど、部屋に熱がこもらないよう、常に心掛けましょう。 環境省(音声読み上げ用テキスト終了)『高齢者は特に注意』の画像
(音声読上げ用テキスト)高節者は特に注意が必要です。 体内の水分が不足しがちです 高齢者は若年者よりも体内の水分量が少ない上、体の老廃物を排出する際にたくさんの尿を必要とします。 暑さに対する感覚機能が低下しています 加齢により、暑さやのどの渇きに対する感覚が鈍くなります 暑さに対する体の調節機能が低下します 高齢者は体に熱がたまりやすく、暑い時には若年者よりも循環器系への負担が大きくなります。※心臓や腎臓の悪い方や持病をお持ちの方は、かかりつけの医師にご相談ください。 熱中症は、室内でも多く 発生しています 。夜も注意が必要です。 熱中症の発生場所 さいたま市、2010年) 屋内60% 屋外40% 夜間の熱中症患者数 小児127 成人98 高齢者188 (東京部、2010年) 予防法ができているかをチェックしましょう 。 こまめに水分補給をしている 部屋の温度を測っている エアコン・ 扇風機を上手に使用している 暑い時は無理をしない シャワーやタオルで体を冷やす 涼しい服装をしている 外出時には日傘、帽子 部屋の風通しを良くしている 緊急時・困った時の連絡先を確認している 涼しい場所・施設を利用する 予防法メモ 寝る前だからと水分を我慢せず、こまめな水分補給を心掛けましょう。 汗をかいた時は、適度な塩分補給も必要です。暑さを感じなくても、部屋の見やすい場所に温度計を置き、温度が上がったらエアコンをつけるなど、常に注意しましょう。エアコンや扇風機が苦手な人は、温度設定に気を付けたり、風向きを調節するなど工夫してみましょう。 調節の仕方が分からない人は、身近な人に相談しましょう。 環境省 熱中症予防情報サイト http://www.wbgt.env.go.jp 環境省総合環境政策局 環境保健部 環境安全課 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁솜5号館 TEL 03-3581-3351(代表)(音声読上げ用テキスト終了)

(関連ウェブサイト)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康推進課 健康増進Gです。

〒311-0105 茨城県那珂市菅谷3198番地

電話番号:029-270-8071(内線531・532) ファックス番号:029-298-8890

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る