1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 自治活動・市民活動>
  4. 国際交流・友好都市交流>
  5. 【飛虎(ひこ)将軍】故杉浦茂峰氏について

【飛虎(ひこ)将軍】故杉浦茂峰氏について

【飛虎(ひこ)将軍】故杉浦茂峰氏について
 台湾(台南市)では、故杉浦茂峰氏が【飛虎将軍】として祀られています。
 故杉浦茂峰氏は、先の大戦で、米軍の戦闘機を台湾で迎撃し、被弾。すぐに脱出することなく、戦闘機を住居地から養殖池方面へ飛行。そこで落下傘で脱出。敵戦闘機の機銃掃射を浴び、落下傘が破れ、地面に落下し、お亡くなりになりました。
 故杉浦茂峰氏が、昭和19年10月12日に台湾方面でお亡くなりになられたことが、茨城県の戦没者名簿に記載されています。
本籍地が旧菅谷町(現在の大字菅谷寄居地区)であるため、その名前を那珂市の欄に見ることができます。
 
 

 被弾した戦闘機が落下し、住居地が火の海に包まれることよりも、自分の命を優先させ、すぐに落下傘で脱出することを選べば、機銃掃射を浴びることはなかったかもしれません。

 故杉浦茂峰氏は、住居地を戦火から救うために、自分の身命を犠牲にした飛行士として、人々の尊崇を集めました。1971年に祠が建設され、1993年に現在の飛虎将軍廟に再建されました。

 飛虎将軍廟では、朝は「君が代」が流れ、廟内には日本の国旗が立てられています。また、故杉浦茂峰氏の生誕記念祭(陰暦10月16日)をはじめとする関係行事を毎年4回行っています。

 飛虎将軍のお話は、地元の小学校の教科書に載っており、また、五か国語に翻訳されているとのことです。
生前の杉浦茂峰氏
▲生前の杉浦茂峰氏
飛虎将軍廟
▲飛虎将軍廟
 


台湾に行く際には、台南市まで足をのばして、那珂市にゆかりのある飛虎将軍こと、故杉浦茂峰氏を祀る飛虎将軍廟を訪れてみてはいかがでしょうか。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民協働課です。

市役所本庁2階 〒311-0192 茨城県那珂市福田1819-5

電話番号:029-298-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る