1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 保健・医療>
  4. 特定健康診査を受けましょう

特定健康診査を受けましょう

特定健診・特定保健指導とは

特定健診とは、メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)を早期に発見し、生活習慣病を予防・改善する目的で行われます。
特定健診の結果により「動機づけ支援」「積極的支援」と判定されたかたには、保健師や管理栄養士による特定保健指導(生活習慣改善のためのサポート)も無料で受けることができます。

ご自身のため、そして大切なご家族のために、毎年特定健診を受けましょう。

≪目次≫
特定健診の対象者
検査項目
受診方法
受診料金
減免の受け方
健診結果の通知と特定保健指導

特定健診の対象者

那珂市国民健康保険の加入者で、40歳~74歳(※)のかたが対象となります。
生活習慣病で現在治療中のかたも対象になります。
ただし、妊産婦、長期入院該当者、海外在住者は対象外となります。

 ※40歳とは、「年度内に40歳になる39歳」のかたも含みます。受診券が届いたかたは、40歳の誕生日が来る前でも特定健診が受けられます。
※74歳のかたは、誕生日が来て75歳になったら特定健診ではなく高齢者健診(無料)の対象者となります。予約の際は、受診日時点で74歳であることにご注意ください。

検査項目

特定健診はメタボリックシンドロームの早期発見や重症化予防の目的で厚生労働省が保険者に対して義務付けている健診のため、最低限の検査項目が決まっています。
なお、那珂市ではより効果的な保健指導につなげるため、厚生労働省が定めた検査項目に加えて独自の追加項目を、追加料金なしで全員のかたに受診いただいております

区 分

内 容

基本的な健診の項目

既往歴の調査
(服薬歴及び喫煙習慣の状況に係る調査を含む)
自覚症状及び他覚症状の検査
身体計測
身長
体重
腹囲
BMI
血圧
収縮期血圧
拡張期血圧
血中脂質検査
中性脂肪
HDL-コレステロール
LDL-コレステロール
肝機能検査
AST(GOT)
ALT(GPT)
γ-GT(γ-GTP)
血糖検査
(いずれかの項目で実施)
空腹時血糖
ヘモグロビンA1c
尿検査
蛋白
詳細な健診の項目(医師の判断による追加項目)
貧血検査
赤血球数
血色素量
ヘマトクリット値
心電図検査
眼底検査

 

追加健診項目
詳細な健診項目非該当者
心電図検査
尿酸
血清クレアチニン
尿潜血
血中脂質検査
総コレステロール

 

受診方法

特定健診は、集団健診での受診、または市内の指定医療機関での受診のどちらかを選ぶことができます。
特定健診を受診する際には、「特定健康診査受診券」と「那珂市国民健康保険被保険者証(国保の保険証)」、「健診料金」が必要となります。受診日当日に忘れると受けられませんので、忘れずにお持ちください。

1 集団健診で受ける場合
前年度に那珂市の集団健診を受診されたかたには6月ごろに案内文書をお送りしますので、改めてお申込みいただく必要はありません。
それ以外のかたは、平成29年度那珂市各種健康診査一覧表(新しいウインドウで開きます)から希望の日を選び、健康推進課(TEL270-8071)へお申し込みが必要となります。

2 医療機関健診で受ける場合
特定健康診査受診券が届いたら、特定健診の指定医療機関となっている医療機関から希望の医療機関を選び、予約を取ってからの受診となります。

★共通事項
6月中旬~下旬ごろに、対象となるかたへ「那珂市 特定健康診査受診券」を郵送にてお送りしております。5月以降に那珂市の国民健康保険の資格取得のお手続きをされたかたには、お手続きした月の翌々月上旬に受診券をお送りしております。

受診券を棄損や紛失してしまった場合、再交付ができますので保険課(298-1111)または健康推進課(270-8071)までお申し出ください。

※ この特定健診・特定保健指導は、各健康保険者がその加入者に対して行うこととなっております。職場の健康保険に加入しているかたは、職場に受診のお申し込みをすることになります。 また、年度の途中で国保から他の健康保険に加入した場合は、加入日以降国保の受診券を使用することができません。誤って国保の受診券で受けてしまったり、受診日以前までさかのぼって社会保険等に加入したことが分かった場合は、後日、健診にかかる費用(8,000円ほど)をお支払いしていただくこととなりますのでご注意ください。

受診料金

特定健診を受診する際の自己負担額は1,300円です。

ただし、市県民税非課税世帯のかた、優良世帯(前年の1月から12月まで継続して国保に加入しており、一度も医療機関等に受診のなかった世帯で国保税の滞納がない世帯)のかたは自己負担額の減免を受けられます。
優良世帯のかたには、保険課から特定健診無料券が送付されます。
非課税世帯のかたは、あらかじめ税務課にて「課税証明書(健康診査用)」を発行(無料)してもらい、健診当日にご持参ください。

減免の受け方

1 集団健診で減免を受ける
受診日に、課税証明書(健康診査用)または特定健診無料券を持参し、受付時に提示してください。
忘れてしまった場合でも、後日保険課にて還付申請ができます。当日支払った領収書、保険証、受診者の口座がわかるもの、印かんが必要となりますので、申請の際には必ずお持ちください。申請期限は受診年度の年度末までです。

2 医療機関健診で減免を受ける
一度料金を支払った後、保険課にて還付申請ができます。当日支払った領収書、保険証、受診者の口座がわかるもの、印かんが必要となりますので、申請の際には必ずお持ちください。申請期限は受診年度の年度末までです。

健診結果の通知と特定保健指導

健診結果から生活習慣病のリスク要因を総合して、生活習慣改善の必要性レベルの判定を行い、「積極的支援」「動機づけ支援」「情報提供」の3つのグループに分けて健診結果を合わせて通知します。

「動機づけ支援」「積極的支援」と判定されたかたには、保健師や管理栄養士が家庭訪問・電話等をいたします。
ぜひ、保健指導(無料)を利用して、生活習慣改善に努めてください。

情報提供レベルと判定されたかた

今は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)のリスクが少ないかたです。
すでに医師の指示のもと、改善もしくは重症化の予防に向けて取り組んでいるかたもここに含みます。 
健診結果から現在の健康状態を把握し、健康的な生活を送るための生活習慣の見直しや改善のきっかけとなる情報を提供しますので、有効に活用してください。

動機づけ支援レベルと判定されたかた

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)のリスクが出始めたかたです。
保健指導を受けてください。
生活習慣をどう改善すればよいのかを知り、目標を立てて、実際に行動に移せるよう保健師・管理栄養士がサポートします。
6か月後、健康状態や生活習慣の確認を行います。

積極的支援レベルと判定されたかた

内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)のリスクが重なってるかたです。
3~6か月にわたり、積極的に保健指導が行われます。
健診結果を改善するために実践的な目標を立てて、継続的に実行できるよう保健師・管理栄養士がサポートします。
6か月後、健康状態や生活習慣の確認を行います。


健康診査に関するお問い合わせは 健康推進課(TEL270-8071) まで

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険課です。

市役所本庁1階 〒311-0192 茨城県那珂市福田1819-5

電話番号:029-298-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る