1. ホーム>
  2. 市議会>
  3. 議会改革の取組>
  4. 平成26年5月24・25日 第2回議会報告会の開催結果概要

市議会

平成26年5月24・25日 第2回議会報告会の開催結果概要

第2回 議会報告会 開催結果概要

3月定例会の結果を報告し、市民からご意見を伺いました

1 開催概要
 (1) 平成26年5月24日(土) 午後2時~午後4時20分  ふれあいセンター ごだい
    参加者 29名  出席議員 12名
 (2) 平成26年5月25日(日) 午後2時~午後4時  ふれあいセンター よこぼり
    参加者 39名  出席議員 12名


 ※配布資料
  (1)議会報告会説明資料(PDF版)、 
  (2)那珂市議会だよりNo42(PDF版)、 
  (3)参加者アンケート(PDF版)

2 会議概要
 (1) 議会報告
    報告会開催の経緯、3月開催の定例議会の議決結果など、資料により議員が説明しました。
     (資料は別添のとおり)
    
 (2) 意見交換
     約1時間にわたり、市民から様々な意見をお伺いしました。
      (意見の概要は以下のとおり「那珂市議会だよりNo41より」)
  ◎
議会に関するもの(⇒議会答弁要旨)
   
●議会報告会は今後、議会毎に行うのか。 
    ⇒議会報告会は、最低でも年1回実施する。
   ●資料の説明は、わかりやすく補足説明をしてほしい。
    ⇒限られた時間で簡単明瞭に説明できるように考えていく。
   ●市長の座談会に対する地区議員の関わりはどうなのか。
    ⇒議員と市長は、二元代表制の立場から、一線を画していくべきだと考える。
   ●一般質問の時間が、1時間となり昔より短くなった。
    時間を過ぎると、答弁が途中で途切れるのは考えてほしい。
    議論の活性化をしてほしい。
    ⇒時代や全国的な流れ、実際の質問時間、議会運営の効率化、傍聴者の意見などにより、
      質問時間は変わってきた。また、反問権による質疑応答は時間に含めないなど改善している。
   ●一般質問は議員が必ず1時間質問をしてほしい。議員は一般質問をするべきだ。
    議員を削減して、やる気のある議員の報酬を上げるべきではないか。 
    ⇒一般質問の1時間は権利であり義務ではない。
      目立つのは一般質問であるが、委員会の審議でも議会は活動しており傍聴してほしい。
      定数は、現在特別委員会を設置して審議している。
   ●水戸市との合併の問題、市長は前向きにということだが、議会ではどういう審議をしているのか。
    ⇒議会として合併の話はしていない。

  ◎市政に関するもの
   ●那珂市行財政改革大綱第3次実施計画で、経常収支比率80パーセントを超えて、
    財政が危ないということだが、那珂市は大幅に超えている。
    具体的にどのように改善していくのか。
   ●井戸水の検査で、災害の時に家庭に井戸水を提供できる方の水質検査は市がやるのか。 
    ⇒水質検査は、個人的に実施していただく。
   ●災害備蓄の5800食の保存場所はどこか、どんなものを備蓄しているのか。
   ●予算で今後、民生費が増加していく。
    税収が伸びない中、何を削っていくのか、長期的な予算の対策を考えているのか。
   ●市の職員の正規・非正規で、那珂市は、非正規職員が50%を超えている。
    人件費を抑える目的だと思うが、組織的に問題がないのか、その辺の見直しはどうなのか。
   ●女性に優しい職場にしないと人口の維持が難しいと思う。
    市を発展させるには、女性が働きやすい、住みやすい環境にしてほしい。
   ●ガスパイプラインの埋設、市民にも一定の情報を開示してほしい。
    ガス漏れの災害は、起こりえないのかどうか。
    安全面について明らかにしてほしい。
   ●災害時に水が出ない場合など、公園などに井戸を設置してほしい。
   ●人間ドックへの負担を検討してほしい。
   ●小学校の体操でラジオ体操を実施してほしい。社会人になってから必要である。
   ●雨水排水路の設置をお願いしたい。
   ●後台駅の整備後は、防犯、環境衛生、管理を十分にお願いしたい。
   ●下水道の整備状況はどうなっているのか。
   ●那珂町と瓜連町の合併による評価はどう考えているのか。
   ●国の教育改革の問題について、現場の教員の声を引き上げて
    きちんとした教育ができるようにしてほしい。
   ●小中一貫について、何もわからない。
    県内の状況はどうなのか、教職員の増減や、県や国の教育行政との関連はどうなのか。
    小中一貫の場合の相対的な経費の比較は検討したのか。
   ●市のごみ処理場は、資源ごみでも持ち込むと有料。他の市町村では無料もある。
    段ボール、新聞紙、雑誌類、金属など無料の方向で検討してほしい。
   ●イノシシの被害が増加している。那珂市の保護区を解除してほしい。
   ●向山の市有地が藪になって、イノシシの隠れ家になっている。
    市有地の利活用や対策について考えはあるのか。
   ●額田の城跡整備は、今後どのようになるのか。
   ●有が池の水田周辺の道路が悪い。その辺の対応は考えているのか。
   ●笠松工業団地は40年の間に、2~3社しか誘致していない。原因は何か。
   ●本米崎小学校の跡地利用について、どのように考えているのか。
   ●バスが走れない道路の整備をしてほしい。
   ●農産物を直売所に出荷すると、東海村では15%が、農業振興という名目で手数料が返ってくる。
    那珂市ではできないのか。
   ●茨交バスの太田線が廃止になった。公共交通は大事であり、交通弱者が困っている。
    どう考えているのか。

3 参加者アンケート結果概要
   ・参加者数68人に配布し、62人の方から回答を得ました。
   ・参加者は、五台16人、菅谷11人、戸多10人、神崎9人、瓜連5人、額田4人、木崎2人、市外4人
   ・年代は、60代22人、70代32人、80代3人、50代2人、40代2人   
   ・性別は、男性が52人、女性が8人
   ・開催情報の入手先は、自治会回覧33人、おしらせ版32人、知人から14人、ポスター12人など
   ・開催時間は、「よい」34人、「ふつう」23人、「わるい」3人
   ・開催場所は、「よい」42人、「ふつう」18人、「わるい」1人
   ・配布資料は、「よい」24人、「ふつう」29人、「わるい」2人
   ・報告会の感想は、「よい」27人、「ふつう」26人、「わるい」2人
 
    ※集計結果の詳細は、別添ファイルを参照してください。


   
 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは議会事務局 総務・議事Gです。

〒311-0192 茨城県那珂市福田1819-5

電話番号:029-298-1111(内線224・225・226)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る