1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 保健・医療>
  4. 健康づくり>
  5. 食物アレルギーについて

食物アレルギーについて

食物アレルギーについて

食物アレルギーには、じんましんや湿疹などの皮膚症状や、腹痛、嘔吐などの消化器症状、
くしゃみ、咳などの呼吸器症状等があります。
 
小児期の食物アレルギーは、年齢とともに治っていくことが多い「乳児アトピー性皮膚炎」が最も多く、
主に卵・牛乳・小麦・大豆などが原因となっております。

一方、小学生ぐらいから成人への成長過程で新規発症する『即時型食物アレルギー』の原因は、
甲殻類・小麦・果物・魚類・そば・ピーナツが多く、乳児期発症のタイプと比較して、治りにくいと
されています。

もっとも怖いのは、原因となる食物の摂取後1~2時間以内に、急速に腹痛や嘔吐のほか血圧低下
などの症状が全身にあらわれる(アナフィラキシー)、特殊型の即時型食物アレルギーです。
 
このほかにも、原因となる食物摂取後の運動が引き金となってアナフィラキシーが誘発されるという
ものもあります。
 
食物摂取後に体に異変を感じたときは、すぐに医師(かかりつけ医)にご相談ください。
 
 
<関連リンク>
いばらき食の安全情報
(茨城県ホームページ内)
 
・リウマチ・アレルギー対策
(厚生労働省のホームページ内)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康推進課です。

総合保健福祉センター「ひだまり」内 〒311-0105 茨城県那珂市菅谷3198番地

電話番号:029-270-8071

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る