1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 保険と年金>
  4. 国民健康保険>
  5. 保険税を納税しましょう

保険税を納税しましょう

保険税の決まり方

平成30年度より、国民健康保険は都道府県と市町村との共同運営になりました。

都道府県は財政運営の主体となり、保険給付に必要な費用を全額市町村に交付します。

市町村は、国民健康保険事業費納付金を都道府県に納めます。納付金の中には、医療分、後期高齢者支援金等分、介護納付金分が含まれています。納付金の額は市町村ごとの医療費水準や所得状況等に応じて都道府県が決定します。納付金を賄うために必要な保険税率を市町村が決定し、国民健康保険税を賦課します。

国民健康保険制度は、加入者のみなさまに納めていただく国民健康保険税により支えられています。納期限内に納め、国民健康保険が健全に運営できるようにご協力をお願いいたします。

1世帯当たりの保険税の決まり方

保険税の総額を次の項目に割り振り、それらを組み合わせて1世帯当たりの保険税が決められます。

項目 医療分の保険税 後期高齢者支援金等分の保険税 介護納付金分の保険税
所得割 世帯の所得に応じて計算 世帯の所得に応じて計算 第2号被保険者の所得に応じて計算
資産割 世帯の資産に応じて計算 世帯の資産に応じて計算 第2号被保険者の資産に応じて計算
均等割 世帯の加入者数に応じて計算 世帯の加入者数に応じて計算 第2号被保険者の人数に応じて計算
平等割 1世帯ごとに計算 1世帯ごとに計算 第2号被保険者のいる世帯ごとに計算
※医療分・後期高齢者支援金分・介護分の保険税にはそれぞれ賦課限度額が設定されています。

項目は市町村によって異なります。

那珂市の国民健康保険税の税率・税額(令和元年度)
項目 医療分の保険税 後期高齢者支援金等分の保険税

介護納付金分の保険税

所得割 6.30% 1.90% 1.50%
資産割 那珂市の場合はありません。
均等割  26,400円 10,800円 12,000円
平等割  22,200円 那珂市の場合はありません
賦課限度額 610,000円 190,000円 160,000円

75歳以上の人および寝たきりなどの一定の障害がある65歳以上の人を対象に、その心身の特性や生活実態などを踏まえて、平成20年度から「後期高齢者医療制度」が創設されました。
この後期高齢者医療制度は、現役世代からの支援金などによって運営されます。現役世代からの支援金は、国保や職場の健康保険などの加入者が納める保険料で賄うことになっています。

保険税は世帯主が納めます

保険税を納める義務は世帯主にあります。そのため、世帯主が国保に加入していなくても、世帯の中に1人でも国保加入者がいれば、保険税の納税通知書は世帯主(「擬制世帯主」といいます。)あてに送られますのでご了承ください。ただし、その場合の保険税には世帯主の分は含まれません。

保険税は国保の資格を得た月から納めます

保険税は、他の市区町村から転入してきた月や、職場の健康保険をやめた月から課税になります。加入の届け出をした月から課税になるわけではありませんのでご注意ください。加入の届け出が遅れると、国保の資格を得た月までさかのぼって納めることになります。
また、年度をさかのぼって加入した場合、過年度の保険税を現年度の保険税とは別に計算して、加入届け出をした年度に納めることになります。

年度の途中で加入したときは、加入した月の分から月割りで計算した保険税を納めることになります。
また、年度の途中でやめたときは、やめた月の前月までの分を月割りで再計算した保険税を納めることになります。

他の市区町村から転入してきた場合、保険税の所得割を計算するのに必要な前年の所得金額が不明のため、前住所地に問い合わせます。所得金額が判明した後に、保険税が変更される場合がありますのでご了承ください。

忘れずに所得の申告をしましょう

保険税は、前年の世帯の所得をもとに決められます。国保加入者は、前年の所得の申告が必要になります。所得が全くない人や扶養を受けている人でも同様です。
申告をしないと、正しい保険税の計算ができないだけでなく、下記のような保険税の軽減制度に該当しなかったり、入院に伴う食事代や高額療養費において不利益になることがありますのでご注意ください。

みなさんが住む那珂市の場合、世帯主および国保被保険者全員の前年の所得金額の合計が一定基準以下のとき、保険税のうち「均等割」と「平等割」の部分を軽減しています。

軽減割合 軽減基準所得
7割軽減 330,000円以下
5割軽減 330,000円+(280,000円×被保険者数
および特定同一世帯所属者)以下
2割軽減 330,000円+(510,000円×被保険者数
および特定同一世帯所属者)以下

※特定同一世帯所属者とは、後期高齢者医療制度の対象者となって国保を脱退した人を意味します。

後期高齢者医療制度創設に伴う保険税の軽減が受けられます

夫婦二人で国保に加入していた世帯が、平成20年4月以降、夫(75歳以上)が国保から後期高齢者医療制度に移行し、妻(65歳以上75歳未満)は引き続き国保に加入しているといった、別々の制度に加入することとなる場合があります。このような場合、世帯の保険税負担が急に増えることがないように、国保に残った人の保険税について次のような軽減が受けられます。

  • 例えば、夫婦二人で国保に加入していた世帯で、保険税の軽減を受けていた場合、夫が国保から後期高齢者医療制度に移行した後も、世帯構成や夫婦の収入が変わらなければ、翌年度から8年間、国保に加入する妻は、夫が後期高齢者医療制度に移行した年度と同じ保険税の軽減が受けられます。
  • 例えば、夫婦二人で国保に加入していた世帯で、夫が国保から後期高齢者医療制度に移行した結果、国保の加入者が妻一人となった場合、移行した月からその年度中およびその翌年度から5年間は妻の保険税のうち平等割が半額に、その後3年間は平等割が3/4になります。

夫婦二人で職場の健康保険に加入していた世帯が、平成20年4月以降、夫(75歳以上)が職場の健康保険から後期高齢者医療制度に移行し、妻(65歳以上75歳未満)は職場の健康保険の被扶養者から国保の加入者になります。このような場合、妻は職場の健康保険の保険料を負担していなかったのに対して、国保に加入すると保険税を負担することになります。このため、被扶養者であった人(65歳以上75歳未満)については、国保窓口に申請することで、資格取得日の属する月以降2年間を経過する月までの間に限り、保険税のうちの均等割が半額に、さらに、国保加入者が一人の場合には、保険税のうちの平等割も半額になります。ただし、保険税の軽減を受けている世帯については、このような減免措置は適用されません。

年齢により保険税の納め方が異なります

<40歳未満の人の場合>
  医療分と後期高齢者支援金分とを合わせて保険税として納めます。
<40歳以上65歳未満の人(介護保険の第2号被保険者)の場合>
  医療分・後期高齢者支援金分・介護分を合わせて保険税として納めます。

  •   年度の途中で40歳になるときは40歳になる月(誕生日が1日の場合はその前月)からの介護分を、年度の途中で65歳になるときは65歳になる月の前月(誕生日が1日の場合はその前々月)までの介護分を、医療分・後期高齢者支援金分と合わせて保険税として納めます。

<65歳以上の人(介護保険の第1号被保険者)の場合>
  医療分と後期高齢者支援金分とを合わせて保険税として納めます。
  介護分は保険税とは別に「介護保険料」として納めます。

1年度分の保険税を8回に分けて納めます

保険税を納める回数は市区町村によって異なります。那珂市の場合は以下のとおりです。

令和元年度の那珂市国民健康保険税の納期・納期限
第1期 第2期 第3期 第4期
 7月31日(水) 9月2日(月)  9月30日(月)  10月31日(木)
第5期 第6期 第7期 第8期
 12月2日(月) 12月25日(水)  1月31日(金)  3月2日(月)

通常、保険税の納税通知書は、毎年7月中旬に発送します。
ただし、年度の途中で国保の届け出があって保険税が変更される場合には、国保の届け出があった月の翌月中旬に、保険税の更正決定通知書を発送します。
1年度分の保険税を、8回(第1期~第8期)に分けて納付してください。
納期限は、通常各月の末日ですが、末日が休日の場合は翌週月曜日となります。
国保はみなさんの納める保険税によって支えられています。納期限内の納付をよろしくお願いします。

保険税の納税場所

保険税は、那珂市役所または下記の納付場所に納めてください。

  1. 筑波銀行
    常陽銀行
    水戸信用金庫
    茨城県信用組合
    常陸農業協同組合
    中央労働金庫
  2. ゆうちょ銀行・郵便局(関東各都県及び山梨県)
  3. 下記のコンビニエンスストア(50音順)
    MMK設置店、くらしハウス、コミュニティ・ストア、スリーエイト、生活彩家、セイコーマート、セブンーイレブン、タイエー、デイリーヤマザキ、ニューヤマザキデイリーストア、ハセガワストア、ハマナスクラブ、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ヤマザキスペシャルパートナーショップ、ヤマザキデイリーストア、ローソン、ローソンストア100
    注)納期限を過ぎたもの、コンビニエンスストアでバーコードが読み取れないもの、バーコード印字のないもの、金額が30万円を超えるものについてはコンビニエンスストアではお取扱いできません。申し訳ありませんが上記1の納付場所で納付してください。
  • 保険税を納め忘れないために、簡単で便利な口座振替をお勧めします。
    市内の金融機関に、納税通知書・通帳・届け出印を持参して、所定の「口座振替依頼書」に記入してお申し込みください。

一部の世帯については保険税を世帯主の年金から天引きして徴収します

保険税は、通常、納付書や口座振替で徴収(普通徴収)しますが、平成20年度から次の要件にすべて当てはまる世帯については、普通徴収によらずに世帯主の年金から天引きして徴収(特別徴収)する方法が始まりました。

    1. 同一世帯の全ての国保被保険者が65歳以上であること。
    2. 世帯主が国保被保険者であること。
    3. 世帯主の介護保険料を天引きしている年金の受給額が年額18万円以上であること。
    4. 保険税と介護保険料を合計した額が、年金額の2分の1未満であること。

特別徴収する世帯主については、4月から3月までの1年度分の保険税を、年金受給月である4月、6月、8月、10月、12月、2月の全部で6回に分けて納めていただくことになります。
ただし、4月、6月、8月については、保険税の算定基礎となる前年の所得がまだ確定していませんので、仮に算定した金額を年金から天引きして徴収(仮徴収)します。

仮徴収する1回あたりの金額は、前年度の2月に天引きした金額になります。

また、10月、12月、2月については、前年の所得が既に確定していますので、それを基礎に保険税を算定(本算定)し、そこから仮徴収した金額を差し引いた残りの金額を年金から天引きして徴収(本徴収)します。
仮徴収した金額が、本算定した保険税よりも多かった場合は、過払いの金額をお返しします。

申し出により口座振替に変更ができます

保険税を年金から天引きでお支払いいただいているかたは、申し出をいただくことで、年金天引きから口座振替に納付方法を変更することができます。

<手続きの方法>

金融機関へ口座振替依頼書を提出(すでに口座振替の申し込みをしているかたは不要です)していただき、その申込書の本人控えと印鑑、国保の保険証をご持参のうえ市保険課窓口へ申請してください。
※手続きをしてから、年金からの天引きが止まるまでには2か月程度かかりますので、あらかじめご了承ください。

保険税を滞納した場合

特別な事情もなく保険税を滞納した場合、未納期間に応じて下記のような措置が取られますのでご注意ください。

  1. 督促状が送付されます
    納期限から20日を過ぎると、督促が行われ、督促料や延滞金が加算されますので、確認のうえ速やかに納めてください。
  2. 短期被保険者証が交付されます
    それでも納めないままでいると、通常の保険証に代わって「短期被保険者証」が交付されます。保険証の有効期限が短くなり、頻繁に更新手続きが必要になります。
  3. 被保険者資格証明書が交付されます
    納期限から1年を過ぎると、これまでの保険証を返還してもらって「被保険者資格証明書」が交付されます。医療費などは全額自己負担となります。
    ※医療費などを全額自己負担した場合、その10割の領収書と印鑑を持参して国保窓口に申請すれば、医療費などのうち自己負担分を除いた金額が「特別療養費」として払い戻されます。ただし、保険税の未納分に充当することになります。
  4. 国保の給付が差し止めになります
    納期限から1年6ヶ月を過ぎると、国保の給付の全部または一部が差し止められます。
    さらに滞納が続いて納付相談にも応じないと、差し止められた国保の給付額から滞納分が差し引かれます。
    ※負担公平の見地からやむを得ず、財産の差し押さえなどの処分をする場合や、介護保険第2号被保険者の介護保険の給付を制限する場合があります。

保険税の納付が困難な場合

やむを得ない特別な事情により、どうしても保険税の納付が困難な場合は、世帯主の申請により保険税の分割納付や減額免除が認められることがあります。納付できないからといって滞納のままにせず、お早めに収納課窓口(分割納付のご相談)または国保窓口(減額免除のご相談)にご相談ください。

保険税は社会保険料控除の対象となります

1月1日から12月31日までの期間に納めた保険税は、その年の確定申告や年末調整の際に社会保険料控除の対象となります。領収書は、保険税を納めたことの証明になりますので、必ず大切に保管してください。
確定申告時期には、保険税の「納付額確認書」を発行しておりますので、必要な場合は本人確認ができるものを持参して税務窓口または国保窓口にお申し出ください。また、口座振替で納付している人については、収納課から「口座振替領収済通知書」を毎年1月中旬に郵送しています。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険課 保険・年金Gです。

〒311-0192 茨城県那珂市福田1819-5

電話番号:029-298-1111(内線142・143・144・145・146・147)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る