1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 生活・環境>
  4. 環境保全>
  5. カラスにご注意ください

カラスにご注意ください

春~初夏は、カラスの巣づくりの時期で、市街地に巣が作らてしまうことで様々なトラブルが予想されます。
被害を減らすためには、地域ぐるみで協力しあうことが大切です。


◆カラスが人を襲うのは
  人からヒナを守ろうとする行為です。巣づくりから巣立ちまでの約2ヶ月間、巣やヒナに近づく人を威嚇
  (大声で鳴く→鳴きながら周りを飛ぶ)することがあります。威嚇をしても人が立ち去らないと、頭上を
  かすめて飛んだり、足でけったりすることもあります。

《対策》
・カラスに巣をつくられないよう未然に追い払いましょう。
・カラスの巣やヒナには近づかないようにしましょう。やむを得ず通るときは、傘や帽子で防ぎましょう。



◆カラスがごみを散らかすのは
  ごみ出しのマナーが悪いこと、ごみの量が多いことなどが考えられます。

《対策》
・ごみステーションには、ネットをかけるなど物理的に防ぎましょう。
・ごみの排出時間を守りましょう。
・生ごみは見えないように新聞紙にくるむなど工夫しましょう。



◆市内でカラスが増えた主な原因は
   食べ物となる生ごみが豊富にあるからです。

《対策》
・カラスは3日間程度絶食すると死んでしまうといいます。カラスを減らすためには餌を与えないことが
  効果的なようです。
  生ごみをなるべく出さないように料理しましょう。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境課 環境Gです。

〒311-0192 茨城県那珂市福田1819-5

電話番号:029-298-1111(内線447・448・449)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る