1. ホーム>
  2. 教育委員会>
  3. 学校教育>
  4. 市立小中学校、幼稚園施設の耐震診断及び耐震補強の結果

教育委員会

市立小中学校、幼稚園施設の耐震診断及び耐震補強の結果

那珂市では、大規模地震にも耐えうるよう小学校学校施設等の耐震化を図るため、昭和56年以前の建築基準法に基づいて建設された学校施設等の耐震診断を実施しています。
その耐震診断の結果について公表します。
今後、耐震診断の結果に基づき耐震補強工事を順次進めていく予定です。


Q 耐震診断を必要とする建物とは?

A 昭和56年以前の建築基準法に基づき建設された建物のうち、非木造で2階建て以上または床面積の合計が200㎡を超える建物です。


Q Is値とは?

A Is値は、建物の耐震性能を判断するための数値(構造耐震指標)です。


この指標は、①地震力に対する建物の強度 ②地震力に対する建物の粘り強さが大きいほど数値が上がり、耐震性能が高いと言えます。
国土交通省では、安全の目安としてIs値を0.6以上としていますが、文部科学省では学校としての特殊性と地域の避難場所としての機能を加味し、安全の目安を0.7以上としています。
そのため、Is値が0.7未満の学校施設は耐震補強工事が必要となります。


Is値と構造耐力上主要な部分の地震に対する安全性について

Is値 構造耐力上主要な部分の地震に対する安全性
0.3未満 地震の振動及び衝撃に対して倒壊し、または崩壊する危険性が高い
0.3以上0.6未満 地震の振動及び衝撃に対して倒壊し、または崩壊する危険性がある
0.6以上 地震の振動及び衝撃に対して倒壊し、または崩壊する危険性が低い

(平成18年1月25日 国土交通省告示第184号による)
※文部科学省では、地震の振動及び衝撃とは大規模地震を示しています。
※Is値0.6の建物は「必要な耐震強度に対し100%の強度を持っている」ことを意味しており、
「耐震強度が60%」ということではありません。
※建物防災協会基準によると、耐震診断の結果の判定がIs値0.6未満の場合「構造体としての耐震性は『疑問あり』とされるが、これが直ちに構造体の崩壊・大破を意味するものではない」とされています。

 

小中学校、幼稚園施設耐震診断及び耐震補強結果一覧

学校名

建物名

建物概要

耐震診断
(二次)
によるIs値

備考

建築年

構造

階数

延床面積
(㎡)

本米崎
小学校

体育館

昭和56年

S

2

704

0.74

耐震補強工事の必要なし

横堀
小学校

校舎

昭和47年

RC

2

2,260

0.72
(補強後)

平成14年度補強工事完了

東側校舎

昭和56年

RC

2

464

0.96

耐震補強工事の必要なし

体育館

昭和55年

S

2

886

0.79

耐震補強工事の必要なし

額田
小学校

校舎

昭和50年

RC

3

3,003

0.76
(補強後)

平成21・22年度補強工事完了

体育館

昭和53年

S

2

912

0.77

耐震補強工事の必要なし

菅谷
小学校

校舎

昭和43年
昭和44年
昭和45年

RC

3

3,705

0.78
(補強後)

平成20・21年度補強工事完了

西側校舎3階部分

昭和49年

S

625

0.19

西側校舎3階部分は、平成20年度撤去済み

体育館

昭和55年

RC

2

1,100

1.48
(補強後)

平成24年度補強工事完了

菅谷西
小学校

校舎

昭和54年

RC

3

3,300

0.47

平成25・26年度補強工事予定

五台
小学校

校舎

昭和48年
昭和52年
昭和53年

RC

3

3,793

0.74
(補強後)

平成18・19年度補強工事完了

体育館

昭和56年

RC

2

1,000

0.82
(補強後)

平成24年度補強工事完了

戸多
小学校

校舎

昭和47年

RC

2

2,111

0.28

 

体育館

昭和52年

S

2

692

0.96

耐震補強工事の必要なし

芳野
小学校

校舎

昭和49年

RC

3

2,971

0.75
(補強後)

平成22・23年度補強工事完了

第一
中学校

北側校舎東側

昭和52年

RC

2

1,113

0.75

耐震補強工事の必要なし

北側校舎西側

昭和56年

RC

3

681

0.66

 

体育館

昭和45年

RC

2

1,204

0.71
(補強後)

平成24年度補強工事完了

第二
中学校

校舎

昭和41年
昭和42年

RC

3

3,115

0.74
(補強後)

平成24年度補強工事完了

金工木工室棟

昭和42年

S

1

243

0.83

耐震補強工事の必要なし

体育館

昭和45年

RC

2

1,050

0.71
(補強後)

平成24年度補強工事完了

第三
中学校

校舎

昭和43年
昭和44年

RC

3

2,949

0.73
(補強後)

平成24年度補強工事完了

特別教室棟

昭和45年

RC

2

832

0.73
(補強後)

平成24年度補強工事完了

金工木工室棟

昭和45年

S

1

180

0.77
(補強後)

平成22年度補強工事完了

体育館

昭和44年

S

2

1,014

0.77
(補強後)

平成24年度補強工事完了

瓜連
中学校

校舎

昭和46年
昭和47年
昭和49年

RC

2

2,157

0.38

 

金工木工室棟

昭和49年
昭和50年

S

1

288

0.06

平成22年度改築済み

額田
幼稚園

園舎

昭和52年

S

1

302

0.21

 

菅谷
幼稚園

園舎

昭和52年

S

1

519

0.24

 

菅谷西
幼稚園

園舎

昭和54年

S

1

350

0.33

 

芳野
幼稚園

園舎

昭和52年

S

1

318

0.19

 

※耐震診断の結果、補強が必要な建物のうち、耐震補強工事が完了しているものは補強後のIs値を掲載しています。
※構造「RC」とは鉄筋コンクリート造、「S」とは鉄骨造を示しています。
※取り消し線はその建物が取り壊されていることを示しています。
※本米崎小学校校舎、横堀小学校西側校舎、菅谷東小学校校舎・体育館、菅谷西小学校体育館、芳野小学校体育館、木崎小学校校舎・体育館、瓜連小学校校舎・木造校舎・体育館、第一中学校校舎、第四中学校校舎・体育館、瓜連中学校西側校舎・金工木工室・体育館、横堀幼稚園園舎、菅谷幼稚園木造園舎、五台幼稚園園舎は、新耐震基準の建物であるため、耐震診断の調査対象外です。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは学校教育課 学務・施設Gです。

〒319-2102 茨城県那珂市瓜連321

電話番号:029-298-1111(内線8276・8278・8279) ファックス番号:029-296-3177

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る